2006年11月04日

47 飛水峡へ!(飛騨川1)

水位:1.05m(上呂) 気温:20℃(金山) 天気:快晴
区間:大柿橋上流〜日本最古の石発見地
メンバー:Tetsuさん、KROさん、7さん、KYOKOさん、会長、義弟、義妹、コニー、フジさん、tomoさん、アズマックス、後輩1号


 美濃から津保川経由で目的地の道の駅ロックガーデン七宗まで約50分。
 おお、長良川から飛騨川って案外近いじゃないですか。知らんかった。

 ◆飛水峡
 昨年よく下っていた益田川は馬瀬川との出合いを境に飛騨川と名を変えますが、とくに白川から七宗に渡る約12kmの峡谷は「飛水峡」と呼ばれ、甌穴(ポットホール)と呼ばれる円形状の穴が数多く見られる名勝の地であります。



powered by 地図Z


 飛水峡については、私のバイブル『日本の川地図101』(小学館 1991)にも掲載されてもいますし、決してマイナーではないのですが、これまで下ったことがありません。

 その理由には、車道から川まで高低差がありすぎて下見がしづらいのと、上麻生ダム越えが犬連れではかなり危なっかしいことが挙げられます(飛水峡は両岸共に断崖が続くため川へのアプローチポイントがなく、ダム越えは必須と認識していました)。

 なもんで、今回も実際にダムを見て危険と判断すれば、我々は飛水峡を取りやめ、中山七里に変更しようと決めていました。

 今日のメンバーはKinoさん、M君が抜け、tomoさん、アズマックスにフジさんが加わり、合計10名。白川口でKROさん、7さん、KYOKOさんと合流したら、総勢13人もの集団になってしまいました。
 しかしこれだけメンバーがいながら、飛水峡経験者は、となるとKYOKOさんただ一人だったりします。

 当初、白川口のBW区間から下る予定でしたが、7さんの提案でダム下から下ることに決定。白川口に向かう途中で車窓から上麻生ダムをちら見していて、何とか行けそうかな〜、でも不安だな〜、とまだ迷っていたので、この提案にはホッとしました。

 7さんの案内で大柿橋まで移動。他にもエントリ地点があるよとのことでしたが、飛水峡下ったことないって言ってませんでしたっけ…。なぜそんなに詳しい?

 さて、回送を終え、スタートしたのは正午ごろ。
 Tetsuさん、さすがに昨日の半袖姿は寒かったようで、今日はドライスーツでした。何だか、ロックマンみたいに見えます。

061104hida03.jpg
 続きを読む

【中部>飛騨川(飛水峡)の最新記事】
ニックネーム ラナ父 at 06:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 中部>飛騨川(飛水峡) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

46 Tetsuさん来岐(長良川12)

水位:0.22m(稲成) 気温:18℃(八幡) 天気:快晴
区間:講和橋〜下田橋 メンバー:Tetsuさん、Kinoさん、会長、
会長嫁さん、義弟、義妹、コニー、M君、後輩1号


 Tetsuさんが帰ってきました。
 一昨年(04年)の6月、根尾西谷川にて初めてご一緒して以来、昨年の10月に急遽仙台へ転勤されるまで、毎度のように一緒に下っていた川仲間です。

061103nagara07.jpg

061103nagara23.jpg

 そんな彼がこの三連休、仙台より700kmという道のりを越えてやってくるというのです。
 しかし一晩で700kmって、すごい距離ですよね。私は昨年リバベンに出場すべく、群馬は水上までの700kmを移動した経験がありますので大変さは分かるつもりです(運転は交代でしたけど)。

 しかし、しかし、気持ちとは裏腹に目覚めたのは出発予定時刻の6時でした。前日の晩にガラにもなくコンパに行ってうっかり呑みすぎたのです…。

 急いで出発しましたが、三連休の初日だけあって、断続的に渋滞が発生しており、高速フル使用にもかかわらず巻き返すこともままならない。

 茨木、草津で渋滞、岐阜羽島からは事故で延々と17kmも渋滞、美濃ICに到着したのが集合時間1時間遅れの11時でした。
 目的地の美並まであと20kmです。
 この先15km渋滞とあるけど、あと30分くらいかな…、と思っていたらとんでもない。

 まったく動かなくなってしまいました。なんと、5km進むのに30分以上もかかるのです。
 おかげで結局、美並ICに到着したのは、2時間半後の13時半。

 前代未聞の3時間半遅刻となってしまいました。

 待たせまくった皆さん、本っ当に

ごめんなさい!


 さてさて、出艇は14時半になってしまいましたが何とか開始。R156もダダ混みなので、裏道だけで回送できる下田橋をプットアウト地点に設定しました。続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

45 二年ぶりの由良川→小浜(由良川1)

水位:0.60m?(綾部) 気温:21℃(福知山) 天気:快晴
区間:立岩〜新綾部大橋 メンバー:会長夫妻、義弟、後輩1号


 先日発売された「カヌーライフ」2006 AUTUMN No.54(創工社) に四万十川の特集がありました。
 四万十川…、「旅パドラー憧れの川」です。記事を眺めているだけでも癒された気分になります。それは他の人にとっても同じようで、一度みんなでのんびりキャンプツーリングしたいなあという話をしているうちにかなり本気で考えるようになってきました。

 しかし四国は遠い。この企画実現は三連休以上の休みまで取っておくことにして、今日は京都の由良川に行ってきました。
 この由良川ですが、去年1本も下る機会がなく、一昨年の8月以来となるのでかれこれ2年ぶりのダウンリバーになります。

 山家駅にメンバー全員が揃ったのは正午頃。そこからプットインの立岩まで移動し、フネを川まで担ぎ下ろします。

061021yura01.jpg

 メンバーはおなじみの会長(カヤック)にその嫁さん(リンクス??)、その義弟(カヤック)、そして後輩1号&ラナ(リンクス??)に私(サファリ)。

 さてこの川、しょっぱなにいきなりこの区間最大の瀬である立岩の瀬が轟音を立てているはずでしたが、目の前を流れているのは剥き出しの岩盤の間を幾又に分かれて蛇行する細い流れ。何とか下れるギリギリの水量しかありません。

061021yura04.jpg

 渇水の保津川でのラフトガイド経験の長い私にとっては何でもありませんですが、川歴の浅い義弟や会長嫁さんにはちょっときついようです。とくにフォームフロアのため喫水が比較的深いリンクス??に乗る会長嫁さんは苦戦。

 会長が、岩に近づく前にパドルを使ってボートコントロールをするよう、丁寧にアドバイスしていますが、嫁さんと後輩1号は半笑いで聞いています。

061021yura06.jpg

 会長、嫁さんにはとくにリンクスのシートを後ろにずらすよう提言しています。

 「パドリングの軸を前より後ろにしたほうがコントロールしやすいねんで。少しでもよくしたいやん」

 …会長、なぜ私に向かって言うのですか。あっちに言いましょうよ。

 「あの、僕は一応、分かってるつもりなんで、僕に言ってもしょうがないんじゃ…」

 「だって誰も話聞いてくれへん

ねんもん!」

 「…」

 お二方、会長のアドバイスはもっと親身に聞いてあげましょう…。

 以降はスタックするようなザラ瀬はありませんでしたが、瀬はところどころ岩がらみでテクニカルになってます。でも前もってスカウティングし、ルートを確保すれば大丈夫です。

 今日は瀞場が少し長く感じましたね。ラナなんか何でもないと言わんばかりにずっと泳いでましたが、女性陣二人には堪えたようです。

061021yura07.jpg

 「うちら、やっぱホワイトウォーターやなー」

 あの、四万十川はずっとこんなんですよ…?

 「じゃあ、ムリやわ!」

 「…」

 のんびりキャンプツーリング企画に、早くも黄信号が灯りました。


 その後は福井県小浜市へ。ここには後輩1号家所有の古民家があります。「古民家」といっても、雰囲気を損ねないよう工夫しつつリフォームがかけられており、まるで小洒落た居酒屋のようでした。

061021yura12.jpg

 ここでは久々にロレツが回らなくなるまで飲んでしまい、細かい内容はよく覚えてませんが、とても楽しい夜でした。
 ちなみに古民家で発見された「森伊蔵」ですが、幻の銘酒だけあって泥酔はしていてもさすがに手はつけなかった模様です。
ニックネーム ラナ父 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 近畿>由良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

【番外編】長良川WWFトロフィーが届く

 本日、長良川ホワイトウォーターフェスティバルのトロフィーが宅急便にて送られてきました。

061020_02.jpg

 3位だったんで銅色です。
 このWWFでは、ダッキー部門は参加者が少ないとかいう理由で入賞してもトロフィーがもらえることが今までなく、どうにも虐げられている感が否めなかったのですが、今年は18チームも参加したことを鑑み、急遽いただけることになったのです。やっぱりもらえると嬉しいですね!
 
061020_03.jpg

 へ〜。
 でもウチはトロフィーよりペットボトルのほうがいいですわ〜。

061020_01.jpg

 あ、そうですか…。

 何はともあれ、アズマックスさん、今回3位に入賞できたのはひとえに君のおかげだと思っています。ということで、このトロフィーは君が受け取って後生大事に保管してください。
 よろしく!
ニックネーム ラナ父 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

44 結局川を下る以外にすることが(奈良吉野川13)

水位:1.12m(五條) 気温:21℃(五條) 天気:快晴
区間:梁瀬橋〜天理教 メンバー:後輩1号、会長義弟


 盆休み明け以降は大会モード一色でした。9月に北山川ラフティング大会、天竜川WWFと続き、そして先週は集大成の長良川WWF.
 燃え尽きて灰となった今週は、さすがに川には出ずにゆっくり休もうと思っていました。とくに腰なんてもう、ボロボロだし。
 しかし、実際他にやることないんですよねー。天気いいから外出してどこかにでも…と思っても、思い浮かぶのは川ばかり。他にどこか遊べるところってあったっけ? …ないなー。
 ラナも先週はストレス解消できぬままでしたし、これはやはり川しかないなあと。

 そういやふと思い出しましたが、盆休みといえばアルプス登ってましたね。まだまったく記事書いてませんでした。


 ◆リンクスのメンテナンス
 まず取りかかったのはリンクス??のメンテナンス。以前ふじさんに送っていただいたシリコンパッキンに取り替えようと試みましたが…。

061015narayoshi01.jpg

 ダメだ。工具が合わないので開きません…。
 リンクス??はHalkey-Roberts社の旧型のバルブで、工具(AIREトムキャット用)は新型用なのですが、何とかなるかなあと気楽に考えていましたがどうにもなりませんでして、あえなく挫折。機を見て仕切り直しです。

061015narayoshi04.jpg

 それではリンクス??はどうよと試みましたが、こちらは無難にオープン。以前OURSさんに新型バルブに交換してもらったので開いて当たり前なのですが…。

061015narayoshi06.jpg

 で、シリコンパッキンを取り替えてみようかと試みましたが、これが全然取れない…。ふじさんのサイトでは、結構簡単に剥がせたように見えましたが、こちらはびくともしませんでした。これも機を見て仕切り直しですね…。噛んでいた砂を拭き取るにとどめました。続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 20:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする