2006年12月29日

59 氷点下で…(葛川1)

水位:-0.48m(中村) 気温:-1℃ 天気:吹雪雪
区間:曙橋〜梅ノ木 メンバー:ソロ


  鯖街道に入り、周囲に残雪がちらほら出てきたかなと思ったら、あれよあれよという間に道路にも雪が積もってきて、このままではヤバい!と花折トンネルを抜けたところで慌ててチェーン装着。
 
061229ado02.jpg

 やってきました安曇川は一面銀世界。ラナが狂ったように喜んでいます。

061229ado08.jpg

 ここ安曇川上流部は葛川(かつらがわ)とも呼ばれているようですね。
 さあて、どこからどこまで下りましょうか…。
 てゆうか、吹雪いてきたし、止めようかな…。

061229ado03.jpg

 琵琶湖より北方面って、これまでほとんど通ったことなかったので予備知識ゼロでしたが、どうも日本海側の気候ですね。完全に侮っていました。
 薄暗いし、寒いし、何だか心細い気分になってきました。それに雪道での運転は慣れていないので、運転のことを考えると明るいうちにさっさと引き返したほうがいいんではないかと考え、三回ほど中止と宣言したのですが、せっかくここまで来たんだから、という気持ちのほうが勝り、結局ここ(曙橋)から針畑川との出合いまでの約3kmを下ることにしました。

 川を覗き込みながら運転する余裕はとてもではないですがありませんでしたので、下りながら随時スカウティングする時間を考慮に入れなければなりません。

 また、回送用に自転車を持ってきていましたが、思いっきり積雪しているのでまるで役に立ちません。
 というわけでラナと歩いて雪道を回送することになります。そうなると明るいうちに帰るためには、3km程度に止めておくのが妥当なセンかなあと。

 あと、初めての川を単独で下ると、緊張のためかなり疲労が早いですから、体力的な面を考えても、やはりそれくらいの距離にしといたほうがよいかと。

 というわけ鯖街道を一人と一匹でてくてくと歩いて回送です。
 吹雪の中、人気がまるでない道路を散歩しているというのは傍目にもかなり怪しいです。
 ラナ、歩いているうちに雪積もってますやん…。

061229ado12.jpg

 マイナス1℃って…。

061229ado13.jpg

 途中、スノボ積んだクルマは何台か見かけましたが、パドル積んだクルマは一台も見かけませんでした。この気温では当然ですわな。

 プットインに戻ってきたら、置いていたギアが雪に埋もれてしまって…。

061229ado15.jpg

 よし、出発!

061229ado16.jpg
続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿>安曇川(葛川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする