2006年08月27日

32 大会に向けて(木曾川1)

水位:1.20m(今渡) 気温:30℃(美濃加茂)
天気:曇り時々晴れ 区間:中濃大橋〜桃太郎港
メンバー:遊児さん、KROさん、tomoさん、A山さん、会長、王子、東ックス、後輩1号、かっぱ隊(6名)


 いつの間にか大会直前。
 大会会場の北山で調整したかったんですが、相方の会長が木曾川で漕ぐとのことで、結局そちらに合わせることにしました。

 この木曾川、年間安定してかなりの水量があり、迫力のウェーブを随所に形成しているんですが、可児合の瀬入り口に黄土色した泡立つ毒液が流れ込んでいる影響でかなり臭い(個人的な印象では炭酸ソーダっぽいにおいがします)。

 日本一汚いと言う人もいますが、それでもうちの近所の淀川水系三兄弟(瀬田川、保津川、伊賀川)に比べたら随分とマシだと思いますね。まあ、波飛沫が顔に向かって飛んできたら思わずスウェーでひらりとかわしてしまいたくなるレベルには違いないですが…。

 そうした理由から、岐阜に行くときは多くの場合ナガラで、木曾川に足を運ぶことはあまり多くありません。行くのは決まって、ナガラが増水しすぎている場合か、逆に渇水の場合に概ね限られてますね。今回は後者のケースです。

 会長ら名古屋組は自宅から40分〜50分らしいですが、大阪からでは3時間ほどかかります。よって前泊で現地入りするため、土曜日の夕方に枚方を出ましたが、出て30分も経たないうちにtomoさんから到着しましたとの連絡が。
 はやっ。集合時間の19時までにはまだ3時間もありますやん。

 ちなみにtomoさんとその後輩A山さん(なんと東京からクルマを飛ばしてきたらしい)はその後温泉を求めて2時間以上も彷徨っていたらしいです。

 そんなこんなで合流を果たしたのは、我々が食事が終わった頃でした。そこから日付が変わるくらいまで色々話をしていたようですが、私はすぐ寝てしまったようで、今ひとつ会話の内容に対する記憶がありません。皆さん、大変失礼いたしました…。盆休み明けの社会復帰がままならず、疲労が溜まっていたということでご容赦を…。続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(2) | 中部>木曾川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする