2006年12月10日

56 かろうじて紅葉(保津川5)

水位:0.07m(保津峡) 気温:11℃(京都) 天気:曇り
区間:馬堀〜保津峡 メンバー:KYOKOさん、後輩1号


 眩しい陽射し。12月とは思えない暖かさ。久々に天候に恵まれた日曜日です。
 しかし向かう先の嵐山方面一帯はどんよりとした雲に覆われています。嫌な予感…。

 はたして長岡京を抜けると路面が濡れており、ごくごく微量ながら雨がぱらついてきました。上空は見渡す限り薄暗い曇天に覆われています。

 本日は保津峡へ。紅葉見に行きましょう!ということで訪れたわけですが、馬堀のプットイン地点向かいにある請田神社付近にあるはずの紅葉の姿が見えません。これは…、と嫌な予感2。

 後輩1号さんとKYOKOさんは保津峡駅まで回送。回送区間はかなりガタガタだったらしく、普通車では事実上ムリなくらいにしんどかったようです。要注意。

 私は現地でポンプアップを済ませ、ラナとぶらぶら川沿いを散歩。遊船がひっきりなしに下ってます。相変わらずのすごい人気ですねえ。

 回送に結構時間がかかり、スタートは正午ごろ。この頃になると覆っていた雲は薄くなり、ところどころ晴れ間が覗いてきました。

 しかし紅葉のほうはといえば、やっぱ散ってます…。でも、ところどころ、かろうじては残ってますね。部分的に撮れば、紅葉真っ盛りに見えないこともない…かな。

061210hozu01.jpg

 雲間から陽が射し込んでいるとき以外は決して暖かくはないんですけど、ラナはまだまだガンガン飛び込んでは泳いでいます。元気なやっちゃ。

061210hozu03.jpg

 小鮎の滝。ここは胴木(丸太)が瀬を塞いでいるという情報を事前にいたいていたのでスカウティング(いつも下見しないので知らないとヤバいですね)。
 小鮎とは似ても似つかぬ胴木が、滝登りをするかのように泳いでいました。

 しばらく眺めていましたが、可動範囲が思ったほど大きくなかったので、左岸ベタルートを取れれば大丈夫だろうと判断し、決行。

061210hozu06.jpg

061210hozu08.jpg

061210hozu09.jpg

 今回の水量では問題なく下れましたが、少なくとも胴木が外されるまでは下るたびごとに下見が必要ですね。水量によって全然違う動きをするかもしれませんので…。

 タクロー(大高瀬)を下り終えると再び穏やかに。この周辺の紅葉は比較的よく残っているほうかな。

061210hozu10.jpg

 女淵から先はちょっと物悲しい風景でした。

061210hozu12.jpg

 プットアウトの水尾川を眺めながら、ここって増水したら下れるんちゃうん!、とか、この下流の清滝川も行けそうですね!というマニアックな支流談義に花を咲かせ、この日はおしまい。

ニックネーム ラナ父 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>保津川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/669278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック