2006年10月21日

45 二年ぶりの由良川→小浜(由良川1)

水位:0.60m?(綾部) 気温:21℃(福知山) 天気:快晴
区間:立岩〜新綾部大橋 メンバー:会長夫妻、義弟、後輩1号


 先日発売された「カヌーライフ」2006 AUTUMN No.54(創工社) に四万十川の特集がありました。
 四万十川…、「旅パドラー憧れの川」です。記事を眺めているだけでも癒された気分になります。それは他の人にとっても同じようで、一度みんなでのんびりキャンプツーリングしたいなあという話をしているうちにかなり本気で考えるようになってきました。

 しかし四国は遠い。この企画実現は三連休以上の休みまで取っておくことにして、今日は京都の由良川に行ってきました。
 この由良川ですが、去年1本も下る機会がなく、一昨年の8月以来となるのでかれこれ2年ぶりのダウンリバーになります。

 山家駅にメンバー全員が揃ったのは正午頃。そこからプットインの立岩まで移動し、フネを川まで担ぎ下ろします。

061021yura01.jpg

 メンバーはおなじみの会長(カヤック)にその嫁さん(リンクス??)、その義弟(カヤック)、そして後輩1号&ラナ(リンクス??)に私(サファリ)。

 さてこの川、しょっぱなにいきなりこの区間最大の瀬である立岩の瀬が轟音を立てているはずでしたが、目の前を流れているのは剥き出しの岩盤の間を幾又に分かれて蛇行する細い流れ。何とか下れるギリギリの水量しかありません。

061021yura04.jpg

 渇水の保津川でのラフトガイド経験の長い私にとっては何でもありませんですが、川歴の浅い義弟や会長嫁さんにはちょっときついようです。とくにフォームフロアのため喫水が比較的深いリンクス??に乗る会長嫁さんは苦戦。

 会長が、岩に近づく前にパドルを使ってボートコントロールをするよう、丁寧にアドバイスしていますが、嫁さんと後輩1号は半笑いで聞いています。

061021yura06.jpg

 会長、嫁さんにはとくにリンクスのシートを後ろにずらすよう提言しています。

 「パドリングの軸を前より後ろにしたほうがコントロールしやすいねんで。少しでもよくしたいやん」

 …会長、なぜ私に向かって言うのですか。あっちに言いましょうよ。

 「あの、僕は一応、分かってるつもりなんで、僕に言ってもしょうがないんじゃ…」

 「だって誰も話聞いてくれへん

ねんもん!」

 「…」

 お二方、会長のアドバイスはもっと親身に聞いてあげましょう…。

 以降はスタックするようなザラ瀬はありませんでしたが、瀬はところどころ岩がらみでテクニカルになってます。でも前もってスカウティングし、ルートを確保すれば大丈夫です。

 今日は瀞場が少し長く感じましたね。ラナなんか何でもないと言わんばかりにずっと泳いでましたが、女性陣二人には堪えたようです。

061021yura07.jpg

 「うちら、やっぱホワイトウォーターやなー」

 あの、四万十川はずっとこんなんですよ…?

 「じゃあ、ムリやわ!」

 「…」

 のんびりキャンプツーリング企画に、早くも黄信号が灯りました。


 その後は福井県小浜市へ。ここには後輩1号家所有の古民家があります。「古民家」といっても、雰囲気を損ねないよう工夫しつつリフォームがかけられており、まるで小洒落た居酒屋のようでした。

061021yura12.jpg

 ここでは久々にロレツが回らなくなるまで飲んでしまい、細かい内容はよく覚えてませんが、とても楽しい夜でした。
 ちなみに古民家で発見された「森伊蔵」ですが、幻の銘酒だけあって泥酔はしていてもさすがに手はつけなかった模様です。

ニックネーム ラナ父 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 近畿>由良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会長さんと嫁さんのやりとり おもしろいっすわ。
でも僕は彼の言うことがとても為になりますよ。
また飲む機会があればご一緒させてください。
Posted by tomo at 2006年10月24日 23:31
ラナパパさん、どうも。さなまるです。
実は日曜に私も由良に行ってました・・・!
でも水量少なくて、ダウンリバーしませんでした。(かなり擦りそうだったので)

ニアミス(?)が多いなぁ、と思いながら読ませていただきました〜〜
Posted by さなまる at 2006年10月24日 23:57
こんばんは。

会長の名誉のために補足しますが、彼の説明は文系の私とは違い、論理的なのでとても理解しやすいです。

今後は漕ぎ方など会長に相談しつつ、修正していこうと思ってます。

>tomoさん
次はナガラですかね。水量だいぶ回復したようなので、昼の部も楽しめそうですよ。

>さなまるさん
由良川、びっくりするくらい水量少なかったですね。でもあれはあれで岩を避ける楽しみがあっていいんですよね。

だいぶ秋も深まってきましたが、まだ漕いではるんですね。私も年末まで漕いでる予定ですので、また機会あればご一緒しましょう!
Posted by ラナ父 at 2006年10月25日 21:31
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/669267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック