2006年12月31日

【番外編】2006年を振り返って

 2006年における川への出撃回数はトータルで60回、下った川は19本、うち初めて下った川は4本でした。目標の100本に対して、現在56本です。
 残念ながらいずれも前年比大幅ダウンでした。

 ・出撃回数…前年比 74.1%(81→60回)
 ・河川総本数…前年比 65.5%(29→19本)
 ・新規本数…前年比 57.1%(7→4本)

 回数が減った要因としては、環境の変化が大きいですかね。仕事関連で週末に時間を取られることが多かったです。また、7月にヤケドしてしまい、約一ヶ月間漕げなかったこともありました。

 新規を含めて川の本数が減ったのは、日帰りが多くて、遠出する機会が少なかったことと漕げる時期に川に水がないことが多かったためと思われます。
 今年は全体的に渇水傾向だったイメージが強いですね。集中豪雨で一気に増えるときもありましたが、その分引きも早かった感があります。結局、水がないときでも漕げるナラヨシかナガラに…、というパターンが多かったかな。

 ◆2006年に下った川
 【近畿】 11本 34回
 奈良吉野川(17)
 保津川(5)
 木津川(伊賀川)(2)
 瀬田川(1)
 安曇川(葛川)(1) New!
 由良川(1)
 櫛田川(2)
 一之瀬川(1) New!
 宮川(1)
 北山川(2)
 大塔川(1) New!

 【中部】 6本 22回
 長良川(15)
 木曾川(1)
 飛騨川(飛水峡)(2)
 天竜川(2)
 前川(1)
 高瀬川(1) New!

 【四国】 2本 4回
 吉野川(大歩危・小歩危)(3)
 海部川(1)

 しかしまあ、前年比大幅ダウンとはいえ、60回も川に出られれば十分満足です。
 今年はラナと一緒に小歩危下れたし、憧れの飛水峡も下れたし、ダッキーのレースでは2回も優勝することができましたし。内容的には昨年と比べても遜色ない一年でした。

 それから、ラナは11月で4歳になりました。
 今年もいろんな方に可愛がられ、そしていろんな瀬で振り落とされ、泳がされましたが、大きなケガもなく、元気に育っております。

 今年とくに印象に残っているのは、渇水でパワーダウンしてましたけど小歩危を一緒に下ることができたことと、そして後輩1号さんと下っているときは私のフネに乗ってくれなくなったことでしょうか(笑)。

 ◆大会の結果
・第12回にじますカップ(6/17)…3位/8チーム(その他部門)
・第8回北山川ラフティング大会(9/4)…優勝/15チーム(ダッキー総合部門)
・第10回天竜川WWF(9/9-10)…優勝/10チーム(二人乗り部門)
・第13回長良川WWF(10/7-9)…3位/18チーム(インフレ部門)
 *第30回リバベン(6/2)…欠場

 ◆イベントトップ3
 今年も記憶に残る川下りばかりで、甲乙つけがたいのですが、とくに印象に残ったものを挙げるとなると以下のようになりますかね。

 ★1位 大激戦!長良川WWF(10/7-9)
 アズマックスとコンビで参戦。敗れはしたが美並カヌークラブとの激戦は最高の思い出。

 ★2位 絶景の甌穴群!飛水峡(11/4)
 KYOKOさんのガイドで、カヌー歴11年目にして初めて下る機会を得る。

 ★3位 清流と激流!四国の川下り(海部川&小歩危)(5/3-6)
 ラナと後輩1号さんが小歩危初体験。

 ★次点
・世界遺産的名川!一之瀬川&大塔川(5/21,28)
 →世界遺産の地が生み出した絶品の清流を堪能しました。
・寒中水泳!雪の安曇川(12/29)
 →吹雪の日に初めての川を一人で…。
・初勝利!北山川ラフティング大会(9/3)
 →初めて美並カヌークラブに勝利した記念すべき日となりました。

 詳細は、「2006年度川下りレポート総括編」としてホームページのほうでおいおいやっていきたいと思っています。

ニックネーム ラナ父 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1253073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック