2006年04月30日

16 今年初沈(奈良吉野川9)

水位:1.01m(五條) 気温:22℃(五條) 天気:曇り時々晴れ
区間:梁瀬橋〜天理教 メンバー:後輩1号


 またまたまたまたナラヨシです。4月は4回川に行きましたが、結局オールナラヨシでした。
 
 よく飽きないなーと自分でも思いますが、
 1.4月は水量が多かったので、それなりに迫力があった
 2.暖かくなり、スポットで瀬遊びができるようになった
ことがあまり飽きを感じさせなかった原因かと思います。2のスポット遊びは先週から始めましたが、冬季のブランクのせいでカンを失っておりますので、ナラヨシくらいのレベルが肩慣らしにちょうど良く、楽しくてしょうがないです。

 4月は三週目がピークでしたかねえ。そこから徐々に水量は減少傾向にあり、今日の五條観測所の水位は1.01mでした。ほぼ平水レベルにまで下がってます。とはいえ1mもあればダッキーで遊べるところは随所にありますので、今日も先週同様のコースを遊びながら下ってきました。

 ■ヤナシタ

060430narayoshi02.jpg

 結論を言えばヤナシタは今日の水位ではホールが小さすぎてダメでした。ダッキーで遊ぶには1.1mは欲しいです。

060430narayoshi01.jpg

 ■カルディアの瀬
 去年延々と捕まって出られなかったホールで遊びました。
 今日の水位では捕捉力は弱まっていて力業で脱出できますが、それでもそこそこパワーがあるのでサイドサーフィンなら延々続けられました。

060430narayoshi09.jpg

060430narayoshi10.jpg
 
 ■阿田橋前の瀬
 先週より入りやすく残りやすくなっていたので、今日はこの瀬を中心に遊びました。

060430narayoshi21.jpg

060430narayoshi28.jpg

 で、調子に乗ってたら沈かましてしまいました。

060430narayoshi29.jpg

 今年初の沈です。かなり久々だったので呼吸が乱れ、やっと浮き上がったらアタマがダッキーの下、つまり下敷きになった状態で、慌てて外に出たらフネを掴み損なってしまい、バラバラになって随分流されてしまいました。身体の動きがワンテンポ遅いというか、だいぶカンが衰えてます…。

060430narayoshi31.jpg

 ちなみに私の「沈カウンタ」では今回の沈はスポット沈に分類されます。スポット沈とダウンリバー沈は似て非なるものなので注意が必要です。私の場合、スポット沈は何度やらかしても気にならないのですが、ダウンリバー沈は沽券に関わる沈(カヤッカーにとってのチンダツに近い)と位置づけています。

 ■神社下の瀬

060430narayoshi32.jpg

 ここもサイドサーフィンくらい。ここもヤナシタと同じで、ダッキーで遊ぶにはもう少し水量が欲しいところです。

ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

【番外編】カスタマイズ

 4月に入ってからというもの環境の変化に伴うプレッシャーがあまりに大きく、とてもやないけどこのレポート更新する精神的余裕なんてねーよと一ヶ月ばかりシカトを決め込んでおりましたが、これ以上溜め込むと追いつく気力が萎えてしまい、挫折してしまう可能性が高いと判断したので、今のうちにと急遽アップすることにしました。

 また、気分転換にバナーを作りました。
 このブログはデザイン変更の場合、スタイルシートを駆使しなければいけません。今までホームページはホームページビルダーを使って感覚的に作っていたものですから、このスタイルシートというのがまたさっぱり分かりません。四苦八苦してようやくできましたが、あとでどこをどういじったか分からなくなっては困るので、記録に残しておこうと思います。

 あー、でもこれって完全に逃避ですよね…。こんなことに無駄に時間費やしてるから勉強捗らないんだと、分かってはいるんですけど。

【変更内容(赤字表記)】
#container{
background-image:url("http://a-thera.com/img/bg/golden_dog/header.gif");削除
color:#6600F4;
margin:0px auto 0px auto;
width:860px;変更
background-repeat:no-repeat;
background-position:top center;
text-align:left;
background-color:#FFF;
}

#banner{
background-image:url("http://lynx.a-thera.jp/image/logo_b2_1.jpg");追加(ヘッダタイトル画像)
background-repeat:no-repeat;追加(ヘッダタイトル画像位置)
background-position:top center;追加(ヘッダタイトル画像位置)

font-family:arial, Helvetica;
padding:230px 10px 10px 10px;変更(ヘッダ文字の位置)
height:240px;変更

text-align:left;
}
h1 {
margin:0px 0px 5px 10px;変更(ヘッダタイトルと紹介文の位置)
padding-top:30px;
font-weight:bolder;
font-size:18px;
}
ニックネーム ラナ父 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

15 ダッキーでスポット遊び(奈良吉野川8)

水位:1.12m(五條) 気温:18℃(五條) 天気:曇り
区間:梁瀬橋〜天理教 メンバー:後輩1号

 4月から始まった新しい環境も、生活がある程度パターン化されてきたことがあって少しだけ慣れてきました。

 まず一週間のうち、ピークが火曜日になりました。例の新たに担当することになったシステムの研修がある日ですね。水曜日から金曜日にかけて通勤時など空いた時間にちょこちょこと予習し、土曜日は一日勉強(しかし全然捗らず)、日曜日は川、月曜日は土曜に捗らなかった分、完徹一夜漬けで火曜日の研修に臨むという生活パターンになっています。
 徹夜なんてこの年齢になったら絶対ムリやわと思ってて、実際当初は徹夜とは名ばかりで半分以上寝てましたが、週を経るごとに徐々に適応してきており、自分でも驚いています。
 あとはいかに平日と土曜日に集中して勉強できるようになるかが課題ですね。もう少し要領よくこなせるようになって、早く土日両日めいっぱい漕げるようになりたいです。

 さて、本日もナラヨシだったんですが、4月も下旬とはいえ寒がりな私にはまだまだ上下ドライなしでは厳しいのですが、水が大分温くなってきたもんで、ドライ越しなら水被っても充分耐えられるようになってきました。
 こいつ(右斜め下)はこっちが寒かろうが暑かろうがいつも水に浸かっていますが…。羨ましい。

060423narayoshi03.jpg

 で、水被ってもOKとなると何ができるのでしょうか?
 そう、瀬遊びができるようになるのです。

 本日の五條観測所の水位は1.12mで、ダッキーがスポットで遊ぶのにちょうどよい感じの瀬がいくつかできています。
 ということで、今日は遊べるところが比較的多い梁瀬橋から天理教までの前半コースを選択しました。後半コースはアヒルウェーブがありますが、あそこはフリースタイルの方が多いので避けました。並ぶのが嫌いなんですよね。

 ■ヤナシタ
 まずはヤナシタホール。今日の水量だと、左回転限定ですがオートマティックフラットスピンができました。ダッキーなので動きは鈍いですが、何もしなくてもくるんくるんと回転し続けるので結構楽しい。

060423narayoshi04.jpg

 ■阿田橋前の瀬
 次に遊んだのは阿田橋手前の瀬。今日の水量だと入るまでがちょっと難しかったのですが(成功率1/3くらい)、エンダー(一瞬)とサーフィンができました。バックウォッシュが大きければ、リンクスみたいなバカでかいフネでも充分残ることができます。

060423narayoshi08.jpg


060423narayoshi14.jpg

 しかしセルフベイラーの排水能力を超える水が入ってくると、ご覧のとおり水舟になってしまいます。こうなるとほぼノーコン。

060423narayoshi17.jpg

 しかしやっぱウェーブやホールに入ると楽しいですねー。寒くなくなってくるとアグレッシヴな動きができるので、遊びの幅がぐっと広がります。
ニックネーム ラナ父 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

【番外編】ラナ、病院に行く

 ラナを連れて動物病院へ行ってきました。

 理由はいろいろあったのですが、最大のものは外耳炎の治療です。ラナは右耳が外耳炎に罹りやすく、ここ一ヶ月もずっと患っていました。ちなみにゴールデンレトリーバーのような垂れ耳系の犬は外耳炎にもともと罹りやすいようですが、ラナのように毎週川で泳いでいる環境下にあるとなおさらです。垂れ耳のカヌー犬と外耳炎とは、切っても切れない深い縁があるのです。

 ■参考:わんこの外耳炎
 http://channel.goo.ne.jp/pet/contents/cn_46.html

 外耳炎に罹ると、外耳道がワックスみたいな茶褐色の耳垢でいっぱいになり、耳フタを開けると香ばしい臭いがします。耳垢をティッシュで拭き取ってやっても、二日もすればまたすぐ溜まってしまい、拭いてやってもまた溜まるというサイクルが一ヶ月ほど続き、まったく改善の兆しが見られなかったため、今回病院のお力を借りることにしたのです。

 行きつけの動物病院は家からクルマで5分ほどのところにあるのですが、評判が良いみたいでいつも満杯のため、3時間ほど待つことがよくあります。今回も2時間半待ってようやく順番が回ってきました。

 入り口の扉を開いて院内に入ろうとすると、ラナが扉の中に入ろうとせず、必死で踏ん張っています。過去にも何回か外耳炎の治療で耳を洗われたり、ケガの治療で注射されたりしたことがあったのですが、相当イヤだったのを記憶していたようです。随分前のことになるのですが、よく覚えているもんですね。

 テコでも動きそうになかったので、仕方なく抱きかかえて診察室に運びました。しかし重いな…。こんなに重かったっけ?

 診察台で下ろす。
 ラナさん、足が震えていますよー。

06042201.jpg

 優しそうな女性の獣医師さんが、まずは体重測定ですねーと。
 結果を聞いてびっくりしました。
 えっ、32kg…?
 前回測定までずっと27kgをキープしていたんですが、この一冬で5kg増加とはえらい太りようです。

06042202.jpg

 続いて本チャンの耳の洗浄に入ります。
 獣医さんが茶色っぽい洗浄液を注射を使って耳に直接注いでいます。拭き取った後は電解水で洗浄。
 ラナははじめこそおとなしく我慢していましたが、5回、6回と続けざまにやられるとさすがに堪えきれなくなったようで、アタマを振ったり歩き回って抵抗し始めましたが、切れる前に何とか無事に終了。

06042203.jpg

 検査結果は、細菌と酵母(マラセチア)が大量発生しているようで、菌の発生を抑えるための服薬と継続的な外耳道の洗浄が必要とのことでした。

 その後、ジステンパーやらパルボウィルスやら伝染病を防ぐ予防注射を打ってもらい、あとこれから始まるダニと蚊の季節に備えて、フィラリア予防薬とダニ予防薬を5ヶ月分出してもらうようにお願いし、診察は終了。

 診療の明細は以下の通り。

 再診料                     ¥500
 犬8種混合ワクチン                ¥6,000
 皮下注射                    ¥1,000
 外耳道洗浄                   ¥1,000
 内服薬 *7                   ¥2,800
 点耳薬                     ¥1,000
 エピオティック(外耳道洗浄液)         ¥2,200
 カルドメックチュアブル272(フィラリア予防薬)*5 ¥10,000
 フロントラインスポットオン犬用L(ダニ予防液)*5   ¥8,000

 支払い額はしめて¥34,125 でした。犬(泣)


 ちなみに後日談ですが、ラナは薬を飲むのがとても嫌いで、ごはんに混ぜていても器用に薬だけ選り分けて残すという徹底ぶりで、これまでなかなか毎日服用させ続けることができなかったのですが、今回、ダメ元でごはんに混ぜてみるとキレイに平らげてました。

06042204.jpg

 大人になって、味覚が変わったんでしょうか?
ニックネーム ラナ父 at 11:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

14 要領悪く(奈良吉野川7)

水位:1.42m(五條) 気温:13℃(五條) 天気:曇り時々晴れ曇り
区間:天理教〜栄山寺 メンバー:後輩1号


 11時頃に天理教教会前の公園に到着。だいぶ暖かくなってきたし、最近降雨量が多いおかげで水量豊富な川が多く、ホンネを言うと中部や中国地方の見知らぬ川へと行きたかったんですが、先週のレポートで書いた通りしばらくはワンデイで近所通いしかできない環境下にあるため、本日も通い慣れたナラヨシというわけです。

 ちなみに、じゃあ週末ガンガンに勉強にしているかと言うと実はそうでもないのです。いざ予習となっても、なかなか机に向かわないし、向かってもすぐ集中力が切れて別のことに逃避してしまってます。当座の悩みのタネです。
 そういや元々、勉強が嫌いだったんですよね。大学院生時代はそれが大幅に改善され、勉強しかやることがないってくらいに日々打ち込んでいた時期もあったのですが、すっかり元に戻ってしまった感があります。哀しい哉。

 大してやってないならじゃあ川に行っても構わんじゃんとも思いますが、これがまた罪悪感やプレッシャーからなかなか思い切って繰り出すことができません。自分でも思いますが、かなり要領悪いですね。

 ナラヨシは今年に入ってすでに通算7回目。ええ加減飽きたなあと思うところもあるのは事実ですが、本日は結構水量が豊富(五條観測所:142cm)ということもあり、何だかんだで楽しみにしている私がいたのでした。

 プットアウトの栄山寺に向かうとなんと駐車場がいっぱい!
 仕方なく場内で邪魔になりにくい場所を見つけて駐車しました。クルマの数が先週、今週で加速的に増えてます。いよいよシーズン到来だなあとしみじみと感じました。しかしこの場内の駐車台数と最高気温と川の水量には相関性があるような気がします。統計取ったら川ごとに一定の係数が出そうだなあ、川ごとに比較したら面白いかなあとどうでもいいことを考えている私がいたのでした。

 天気は当初雨との予報でしたが、結局曇りで回復傾向にあるようです。ついてます。下り始めて後半になると大分、徐々に晴れ間が広がってきました。

060416narayoshi05.jpg

 今日は水量が多いので、いつもは浅くて下れない分流に入ってみたのですが、飽きるほど何度も下った川なのに実はこのコースを通るのが初めてだったりして、ちょっとした冒険気分を味わうことができました。

060416narayoshi01.jpg

060416narayoshi02.jpg
ニックネーム ラナ父 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

13 環境の変化(奈良吉野川6)

水位:1.19m(五條) 気温:15℃(五條) 天気:晴れ晴れ
区間:天理教〜栄山寺 メンバー:ソロ


 4月。何かと大きな節目となる月です。運命的な出会いもあれば、惜しむべき別れもある季節。
 幸い、私に異動の辞令が下りることはありませんでした。まだしばらくは大阪に残れるなあと喜んでいたのも束の間、この変動の激しい世の中で、何ら変化がないというのはありえない。
 新しい仕事ができました。具体的に言いますと、今までとはまったく別分野のシステム商品も担当することになったのです。

 商品知識向上のためにこれから約4ヶ月間、毎週火曜日は東京で研修を受講することになったのですが、たかが研修と高を括っていたら、これが大学のゼミみたく与えられた問題に対する回答を一人一人発表させるというもので、しかも答え聞いてもちっとも分かんねえよという難問ばかり。おかげで予習にかなり時間を割かれ、研修前日の月曜日は徹夜確定。ホンマにマスターできるんかいなという不安とプレッシャーがのしかかる日々が続いております。

 平日は基本的に通常業務でいっぱいいっぱいですから、少なくとも土日のどちらかを充てなければ間に合わない。よって、遠出して週末をめいっぱい遊ぶということが当分の間できそうにもありません。川が生き甲斐であるラナと私にとっては、マホトーンで得意の魔法を封じ込められた魔法使いのほうに、かーなり厳しい環境下に置かれることになってしまいました。
 ちなみに私とラナ共々、もともと年明けくらいから運動不足で体重が仲良く増加傾向にあったのですが、余計拍車がかかりそうでまずい。何とか打開策を講じなければ…。

 前置きが長くなってしまいましたが、要は常々プレシャーに晒されているため後ろ暗い気持ちになり、なかなか川に行こうという気にもならなくなってしまったわけです。川に行く時間があれば少しでも勉強しろと、アタマのどこかから声がするのです。しかしこの声にあまりまともに向き合いすぎるとどうにかなってしまいそうだったので、振り払うようにしてようやく出てきたのでした。

 行き先は近場のナラヨシ。桜は満開です。

060409narayoshi04.jpg

 来て、正解でした。ホントよかった。
 苔むす岩壁を削るように勢いよく走る流れを眺めるだけで、滑らかな岩を滑り落ちる水の音に耳を澄ませるだけで、アタマに澱のように詰まった焦りだとかイライラだとか不安だとか負の感情が融けていくのが実感できるのです。
 これ、マジです。すごい癒し効果がありますよ、川って。どんなに忙しくなっても、いや、究極に忙しいときにこそむしろ川に行くべきだと思いました。

 一方のラナですが、運動不足気味なので木の枝などを取ってこさせたりして意識的にたくさん泳がせました。

060409narayoshi01.jpg

 また、砂場がお気に入りなので、砂場で下ろしてやると楽しそうに駆け回ってます。

060409narayoshi02.jpg
 
 おかげで今日はなんとかご満足いただいたようです。

060409narayoshi05.jpg
ニックネーム ラナ父 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする